2019年05月13日

オーマイガールの新曲



妻です。

オーマイガールはなぜこんなに
良曲をずっと発信できるのだろう…

新曲 THE FIFTH SEASON 
透明感のある曲だなー。

何年か前のタワレコリリイベで
若い男女のファンに囲まれて以来
オーマイガールはトラウマというか
(別にオーマイガールもファンも悪くない)

いたたまれなくなってしまい
現場はそれだけで歌っているところを
見たことがないグループなのだ。

ただオーマイガールは実はデビューから
好きで曲もほっんとに素晴らしく
CDもほとんど持っている。

クローザーは私が好きな曲ベスト5に入る名曲ですわ。

そしてオーマイガールは衣装が最高だなと思っている。
ひらひらふわふわすけすけ
と女の子のかわいい要素最大に活かしている。

今の現場の
の割合はどんな感じなんだろ。
そろそろ歌っているところを見てみたいけれど。





にほんブログ村







【関連する記事】
posted by あっさん at 20:57| Comment(2) | OH MY GIRL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
━━ LOVELYZ >>> WJSN = April = KARA > 少女時代 >> SONAMOO > Oh My Girl ━━ (楽曲・音楽面に限っていえば)本格鑑賞する気にさせる7グループ!━━
 ほとんどこれら7グループだけはKPOP.GGの中では本格鑑賞する気にさせる貴重なグループだと痛感します。Oh My Girl の楽曲の my best 2 は “Cupid” と “Windy Day” で、Sonamoo の my best 2 は “I Like U Too Much” と “I Think I Love U” です。これら2グループは、‘結構いい線まで行ってるなあ’ という感じです。上の不等式では中途半端な位置付けですが、ただ、そこがまたいいとも言えるのでありまして、少女時代より左項のグループの楽曲ほどの凝り具合はないとはいえ、その ‘中途半端さ’ 特有の魅力を醸し出しているなあ、と感じる次第です。
 LOVELYZ は、《35もの相異なるコード》を展開する “Ah-Choo” を筆頭にして、凝りに凝っている楽曲を連発するという点に焦点を当てる限りKPOPの中で圧倒的だと断定できましょう。言わば、KPOPのビートルズ、KPOPのバッハ、KPOPのYES とでもたとえるべき高度さです。 WJSN、KARA、少女時代 は、コンスタントな名作の連発という点で共通していると感じます。楽曲的には、Full8loom 作の “La La Love” や “Save Me, Save You” はとりわけ傑出しているように感じられます。
 久しぶりに “Cupid” と “Windy Day” を聴きましたが、やはりなかなかいいですね。この類の語りは本当に楽しいので、誠に不躾乍ら、少し記させて頂きました。
━━もうすぐ LOVELYZ の新曲が出ますが、とても楽しみです。(^^♪
Posted by POPS PLAYER at 2019年05月18日 17:30

POPS PLAYERさま、コメントありがとうございます。

妻でございます。

オーマイガールは私もデビュー曲のキューピットで興味を持ち、クローザーとウインディデイで一気に引き込まれたグループです。

オーマイガールもラブリーズもコンセプトがぶれることなく期待を裏切らない点で共通していますね。

ラブリーズの新曲、転調が相変わらず、毎日何度も観ています。
こんなメロディ、よく考えるなぁといつも感心しております。

ソナムなかなかカムバックしないですねぇ、スミンちゃんがタイプなのですがー。
Posted by あっさん at 2019年05月22日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
KARAブログ」の先頭へ