2017年05月13日

Lovelyz「R U Ready?」をタワレコで買った



先日、Lovelyz「R U Ready?」を
渋谷のタワーレコ―ドで買いました。


イベントのルールも何も知らず
奥さんの言うがままに各人1枚ずつ購入。


正直、握手会のルールだけじゃなく
新幹線や飛行機のチケットも
一人で買う自信がないね。


で、ポストカードは

S__34529390.jpg

イェインとミジュだったんですが

S__34529391.jpg


日本語のメッセージが可愛い。



昨日は一日、仕事で車に乗ってたんで
延々「R U Ready?」を聴いてたんですが

「R U Ready?」はK-POPガールズグループ史に残る
名盤ですね。


通常のK-POPガールズグループのアルバムは
活動曲以外にほとんど聞くべき曲がないんですが

「R U Ready?」は名曲のオンパレード。


個人的にはイントロとカメオと
9曲目の「Night and Day」が素晴らしい!


で、CDについているブックレットを見てると
なんとジエとジンが可愛い!


握手会とサンシャインのイベントが
楽しみになってきました。

S__34529392.jpg


年甲斐もなく緊張しますね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【輸入盤】2集: R U Ready? [ LOVELYZ ]
価格:2671円(税込、送料無料) (2017/5/13時点)








にほんブログ村









佐賀で借金の相談をするなら


posted by あっさん at 00:26| Comment(2) | LOVELYZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
――1千3百万回、185万回、42万回――
LOVELYZ のアルバムは、おっしゃいますように、どれも《POPS史に残る》程の名盤揃いで、まるで、《British Progressive Rock の超大御所YES の KPOPガールズversion》のようです。私が鑑賞してきた限り、KPOPガールズで、アルバムのどのナンバーも充分聴き応えのあるレベルの名作を連発できているのは、やはり、KARA、少女時代、LOVELYZ の3グループ以外、見当たりません。
 ただ、いわゆる「清純派」は、流行のEDM系またはレゲエEDM系に、俗なランキング類の次元ではますます凌駕されるポジションになってきていますね。
 あの April の超名曲 April Storyにして それより2カ月近く後で出た LOVELYZ らしからぬ軽い chip-tune Techno のWow!の185万回よりも大幅に下回っております。――本当に、KPOPの受容のされ方は、理解できません。
 ちなみに、LOVELYZ の《POPS史に残る》最高傑作曲たる Ah-Chooは、Woollimと1theKの両公式PVを合わせて約1千3百万回、Destinyは両公式PVを合わせて、Ah-Chooの約半分程のところまで行ってます。
 Jazzの名曲 “Autumn Leaves” と通じるところが多いと指摘されるDestinyですが、やはり楽曲として、とてつもなく重層的なpolyphonyであり、「通奏低音」とまで言い得るようなベース・ラインも華麗にうなっており、Hiにも引けをとらない傑作であることを最近やっと痛感するようになった次第です。
 やはり LOVELYZ は、中途半端に迎合せず、《音楽芸術として》スーパーハイレベルな路線をさらにアップしていくほうが、結局は偉業を数多く残せるし、多く鑑賞されていくものと考えられるのであります。
Posted by POPS PLAYER at 2017年05月15日 22:40

POPS PLAYERさま、コメントありがとうございます。

> ただ、いわゆる「清純派」は、流行のEDM系またはレゲエEDM系に、俗なランキング類の次元ではますます凌駕されるポジションになってきていますね。

> ――本当に、KPOPの受容のされ方は、理解できません。

確かにそうですね。

Lovelyzの楽曲の素晴らしさに、個人的に過剰に反応してしまうのは理解していますが、それでも韓国で評価されている曲と、Lovelyzの評価には、驚きと落胆を感じます。


初めてHi〜を聴いたときは、80年代の日本のアイドルが持つ処女性や清潔感と、Elsa Lunghiniの「T'en Vas Pas」のようなフェミニンなフレンチポップスが、現代の韓国人アイドルグループの声を借りて蘇ったことに衝撃を受けました。

> やはり LOVELYZ は、中途半端に迎合せず、《音楽芸術として》スーパーハイレベルな路線をさらにアップしていくほうが、結局は偉業を数多く残せるし、多く鑑賞されていくものと考えられるのであります。

昨日、Lovelyzの初1位を知り、非常にうれしく感じましたが、Lovelyzには、この路線を突き進んでいただきたいですね。

これほど、新曲が待ち遠しいグループも他にはないので。
Posted by あっさん at 2017年05月17日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
KARAブログ」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。