2016年04月25日

Lovelyz DestinyとKCON感想



25日にLovelyzの新曲が発表されました。
メロディアスかつシリアスで素晴らしい曲ですね。


私は仕事中にLovelyzの作曲を手掛ける
ユン・サンの音楽を聴いているのですが

ユン・サンと言う方は、日本で言えば
坂本龍一と中田ヤスタカと玉置浩二と平尾昌晃を
4で割ったような方でして

今回の新曲「Destiny」もユン・サンサウンドそのもの。


昨年の少女三部作
「Candy Jelly Love」「Hi〜」「Ah-Choo」
から少し大人になってますね。

懐かしい昭和の歌謡曲を聴いている感じ。

ティーザーの曲もノスタルジックで好きです。

ケイちゃんファンですが
今回ジンちゃんの写真が素晴らしいので
会社のパソコンはジンちゃんを壁紙にしております。

Lovelyz ジン.jpg


で、もう2週間も経ってしまいましたが
KCONの感想でございます。


Ah-Chooを歌って、メンバーのご挨拶。


この時もまだ、興奮していて
肉眼で観たり、双眼鏡をのぞいたり
目の前の巨大なモニターを見たりで
落ち着きのないことこの上ない。

で、結局覚えているのは

ケイちゃんが自己紹介で

「わたしたちはケイです」

と言い間違えたことくらい。


みんな上手な日本語で話してくれました。


で、「For You」でも、落ち着きのないオッサンでしたが

メンバーはステージから出島へ。


この辺から、徐々に落ち着きはじめ
「Hi〜」でやっと我に返った感じ。


これは私の席からだと、ちょうど真横からフォーメーションが見えまして
曲の冒頭、縦一列に並んだメンバーから
イェインを先頭にミジュ・ケイの3人が列から離れると
列後半の3人が空いた隙間を詰めるところなどが見えて
ちょっと感動。


仕事中や車に乗っている間は、延々聞き続けた3曲ですが
メンバーを目の前に大音響で聴けたのは
感動的な出来事でございました。






で、その後、ボーイズグループが次々に出てきたんですが
ふと左を見ると立ち入り禁止区域で
見覚えのあるシルエット。


なんとイェインでした。

で、ヘアメイクとかマネージャーのような女性スタッフを挟んで
もう一人ノリノリで踊っている女の子。

双眼鏡で見るとなんとジス。


あわてて手を振ると、ジスが手を振って応えてくれます。


いい子じゃ。


ジスは不本意な休業を余儀なくされていましたが
非常にファンサービスの良い子だそうですね。

つらい時間を経ているからこその
ファンサービスなのでしょう。

とても心動かされた瞬間でした。






にほんブログ村






posted by あっさん at 22:01| Comment(2) | LOVELYZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
−−Beatles的なKARA、YES的なLOVELYZ−−
 Judoさんのブログで、4月25日に、LOVELYZのNew Trilogyを評して「完成度高い傑作(一般受けは”Ah Choo”より低めかもしれない)」「KPOPの記念碑的アルバム」等と書かせて頂いたところ、4月27日には、マイケル・ジャクソンのプロデュースも担当した高名なプロデューサーからLOVELYZにラヴ・コールが掛けられました。
 言うならば、LOVELYZはprogressiveなんですよね。かつてのprogressive rockのsuper groupに端的になぞらえるならば、YES(特に、3作目と4作目)のような位置付けとしてみれば、わかりやすいかもしれません。
 KPOPの中で、KARAとLOVELYZだけがほとんどすべての楽曲が超メロディアスであることに注目するならば、British Rockにたとえるなら、BeatlesとYESのような感じともとれるということなのです。
 POPSというカテゴリーからすれば、楽曲のすばらしさでKARAを超えるガールズ・グループはもう出ないと思うのですが、LOVELYZは今やprogressive popsのカテゴリーという、別のカテゴリーに移ったと思います。
 Progressiveなので、一般受けは当面は低めだとしても、今後思いがけないような凄い発展を遂げる可能性に満ちているものと、楽しみです。
 KARAとLOVELYZ、本当にすばらしいです!
Posted by POPS PLAYER at 2016年04月29日 13:12

POPS PLAYERさま、コメントありがとうございます。

確かに、私はLovelyzとユン・サンの音楽を聴きまくって
接触機会が多いだけに、どうしても世間より
高く評価してしまっていたのかと思いましたが
やはりプロが聴いてもLovelyzの音楽は素晴らしいんですね。

非常に安心すると同時に、うれしいですね。

実は昨日、ニコルちゃんのソロライブへいき
そこで改めのKARAの偉大さと素晴らしさを
再確認しました。

本当にKARAとLovelyzは素晴らしいですね。

後刻、ニコルちゃんにライブに関しては
書かせていただきます。
Posted by あっさん at 2016年04月30日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
KARAブログ」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。