2015年03月09日

KARA バレンタイン グッズ



ずいぶんと、日が開いてしまいましたが
今回でKARAのバレンタインパーティの感想を
締めさせていただきます。

「ぱんちゃぱんちゃ」のmilanoさんに
ご紹介いただきました

写真撮影について触れた
5回までで、止まっておりました。


今回は、メンバーからのチョコの手渡しと
特典グッズと、トータルの感想について
お伝えいたします。


会場は1000人以上の客が入っていますので
入り口付近の客から整理退場。


そして、まず二手に分かれ
その先でも二手に分かれ
メンバーが待つ各ブースに入るという仕組み。

どのメンバーに当たるかは
入ってからのお楽しみになっております。


私も奥さんも、ギュリちゃんから
チョコを貰うことを望んでおりましたが
正直、ここまでくると誰からもらえてもうれしい。

で、最初の分岐で
奥さんは明確な意思を持って左へ。


私は奥さんと被らないよう右へ。

で、その先にある分岐も右へ進むと
ブースの中にいたのは










スンヨンでした!




で、スンヨンは、私の顔をガン見。

これは何と表現すればいいのかわかりませんが
睨むでもなく、笑うでもなく

ガン見。


もう少し掘り下げると
「珍獣を見るような眼差し」
という表現が近いでしょうか。


チョコを受け取ってもしばらく
スンヨンのガン見は続きまして
私の次の客がブースに入ってきて
そちらに視線が移ってガン見は終了。


ブースを出ますと奥さんがハクハクしながら寄ってきて

「私、ギュリちゃんにチョコもらっちゃった!」

と大ハシャギ。


奥さんはブースに入ってギュリちゃんだと分かった瞬間
団扇を出して「ギュリちゃーん」と叫ぶと
ギュリちゃんは「あーん」と
KARASIA3rdの最終日のカラスの鳴きまねみたいな声で
応えてくれたそうでございます。


「誰にチョコもらったの?」

と聞かれ

「スンヨン」

と答えると

「スンヨンどうだった?」

と聞かれましたので

「俺のこと、ガン見してた」

と答えましたが、この辺のニュアンスは
きっと上手く伝わっていないでしょう。



で、帰宅して、会場の座席にあった特典のグッズを開封いたしました。

KARAバレンタイン画像


中身は

KARAバレンタイン画像3



KARAバレンタイン.jpg


ミニフォトブック

KARAバレンタイン画像5


カレンダー

KARAバレンタイン画像1


スンヨンにいただいたチョコ

KARAバレンタイン画像6



で、総括ですが
土日に飛天の間を借りるのに
いくらかかるのか分かりませんが
DSP的には短時間でお金を集めるには
効率が良いでしょう。

確かにギュリちゃんがキャンドルサービスで
隣に来てくれたことは感動しましたし
今回は席運もかなり恵まれていたと思います。

しかし、これを毎年恒例のイベントにすることは
KARAにとってプラスになるかというと
個人的には微妙なところです。


ではどのようなイベントなら満足出来るのか?




まず、あのレベルの食事なら必要ないでしょう。

そしてゲーム類もなし。

撮影も今回と同レベルなら必要なし。

そして来場特典のグッズも、私はなくて構いません。



代わりに何を望むかというと

客席下りの時間と回数を
増やしていただきたいですね。

最低でも各テーブルに全メンバーが回ってくれるなら
席の場所にかかわらず、不公平感もないのではないでしょうか。


ダンスがある曲はステージで
バラードは客席をまわりながら。

食事も特典グッズもないから
価格が今回の半額であれば
年に1度あっても
楽しみなイベントになると思われます。







posted by あっさん at 01:17| Comment(6) | kara バレンタイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ぱんちゃぱんちゃサイトからやってきました。
KARAのディナーショー(笑)ワタシも行きました。そして、なんとも言えない気分で家路に着きました。
確かに、不満の声しか聞こえなかったですね。ホテルでケータリング、安く済ませすぎは驚愕でした。帰りに“あれ、からあげクンじゃん”という話し声に吹き出しそうになりました。円卓もキツキツでしたし。ホントもうDSP必死じゃんって感じでした。
ちなみにワタシはミスター席の最前列でしたが、舞台から離れた真横でしたので、フォトタイムは死んでました(>_<)
唯一救われたのは、2公演申し込んで昼だけ当たったこと。流石に昼を体験して、夜挑む勇気はありませんでした。
Posted by ともぷりん at 2015年03月10日 04:31
ともぷりんさま、コメントありがとうございます。

昼の部に参加されたんですね。

ミスター席の最前列では
ほとんどステージが見えなかったのではないでしょうか?

ちょっと、つめこみ感がありましたね。

確かにキャンドルサービスや
チョコの手渡しは嬉しいのですが
コストパフォーマンスとしては
いかがなものかという内容になってしまいました。

昨年は狭い会場でのKARASIAなど
今までよりも近くで感動させてくれましたが
今回のイベントは、KARAにとって
あまりプラスにならないような気がします。

手っ取り早く現金は入るでしょうが。

やはり地道にライブで楽しませていただきたいですね。

今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by あっさん at 2015年03月10日 17:58
初めまして
whitekara5002と申します
いつもブログ楽しく拝見しています
私も『Yahoo!ブログ』の方で
拙劣ながらKARAのブログを書いています

今日は
ソジンの夢を見て早朝に目が覚め 
胸がザワザワしてそのまま眠れなくなってしまったので
何となくPCをいじりながらKARAの事を考えていました

私は先日のバレンタインパーティーは昼の部に参加しましたが
席がマンマミーアという事もあり 夢のような日を過ごす事が出来ました

今は
ソジンへの哀しみの気持ちと
KVPの余韻が重なって 
非常に複雑な気持ちで毎日を過ごしています

40代バツイチ 大学生の子供がいて・・・
私生活はホントに寂しい中年男ですが
(いつも御夫婦で参戦されているようで・・羨ましい限りです)
KARAに出逢え 本当に良かったと思うし
KAMILIAという事に誇りを持っています
Posted by whitekara5002 at 2015年03月12日 05:23
whitekara5002さま、コメントありがとうございます。

バレンタインパーティー神席だったんですね。
おめでとうございます。

ブログ拝見させていただきました。
これからもお邪魔させていただきますね。

私もKARAへの愛と感謝の気持ちがあるだけに
ソジンのことを思うと複雑な気持ちになってしまいます。

横浜で見たソジンの、メンバー以上の色気とキレのあるダンス。

契約も終わり、実家へ戻っていたソジンの胸中をおもうと
言葉もありません。

これからブログをさかのぼって拝見させていただきます。

今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by あっさん at 2015年03月12日 14:34
コメント返して頂きありがとうございます
こちらこそ よろしくお願いします

私のブログの方まで来訪ありがとうございました
書き始めたのは 2年前
まだ5人KARAだった時のファンミからです
KARAの事は気にはなっていましたがライブ行こうという発想も無く
初めてのKARASIAは東京ドームで 
KARAペンとしたらまだまだ『ひよっこ』です
Youtubeで『ジャンピン』観た時に衝撃で
「かっこ良すぎて!」
それで いろんなKARAの画像見続けているうちに
生で観たい・・「いかなきゃ!」と
まだFCも入っていなかったので
ヤフオクで落として・・どっぷり浸かり
今に至ります

違う方が書いているKARAのブログを拝見していると
「あー。こういう考え方もあるんだなあ」とか
思う事もあり
大変勉強になります
もちろん「それある!」みたいな共感出来る事も多いですが(^_^)

勝手にですが
KARA好きの 同志のような感覚で 
これからも読ませて頂きます
そして
私は 月並みな言い方ですが 
ハラ寄りのオールです
Posted by whitekara5002 at 2015年03月14日 22:25

whitekara5002さま、コメントありがとうございました。

私もKARAのファンになったのはKARASIA1stからでして
連日のようにKARAがテレビに出ていたころは
テレビが見れない環境だったので
ほとんど知りませんでした。

ハラちゃん、最高ですよね。
今回のバレンタインイベントはハラちゃんがMVPでした。

昨年のKARASIAは泣いている人をたくさん見ましたが
はらちゃんのソロが一番泣いている人を見ました。

リンクを貼らせていただきました。

ブログを奥さんと全て読ませていただきました。
とても分かりやすくて面白かったです。

今後も、楽しみにしております。

これからも、よろしくお願い致します。

Posted by あっさん at 2015年03月15日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
KARAブログ」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。